Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

-件のコメント

[C25] 今更ながらのコメントです。

あごによるハロウィン解説を改めて読んでみたのだけど、仮装して霊から身を守るって面白いね。
だってハロウィンって日本で言うところのお盆みたいなもんなんでしょ?
うちらの感覚じゃ御先祖の魂が戻るんならお迎えするもんなのに、それを畏怖して敵対して、仮装して騙しちゃえ!って正反対なコトしてるよな(・_・)
やっぱりそこそこの文化の死生感とかが大きく影響してるんだろうなと思いました。
それだけ!
  • 2009-11-12
  • 投稿者 : おばば
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

-件のトラックバック

トラックバックURL
http://agobaba.blog87.fc2.com/tb.php/33-e9521e47
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

はろうぃん!!

そういえば、ハロウィンの絵って二回目だよね??一年も経ったのか・・・!
ってことで本番には少し早いですが、ハロウィンおめでとう★

ハロウィンの由来を正確に知らなかったので、ちょいと検索してみました。
元々はケルトの収穫感謝祭だったそうですね。
それがカトリックに取り入れられて・・・。
ケルトの一年の終わり、10月31日は日本のお盆みたいなもので、
死者の霊や、精霊、魔女が出てくると考えられていて、
それらから身を守るために仮装したりするんだそうな。

「自分が怖いものに同化して身を守る」
という発想って、わかりそうでわからない。
いいのかそれで?とか思ったりするのは私だけですか。
でもそういえば、日本でも同じ発想は広くある・・・のかもしれない。

私は大学で神楽の勉強をしているんですが、
それだって、荒神様という神様が舞う演目があるのですよね。
あれは神話の再演という捉え方もあるけど、
もしかして最初の最初はハロウィンの仮装と同じ発想だったりして。違うかな。
あと、鬼瓦とかも。近所のお寺の門の屋根に、鬼の顔があります。
それ自体は比較的新しいものだと思うんだけど、
鬼瓦文化は古いですよね??

ああ、関心が薄い人間なので突き詰めて考えようとは思いませんが。

カボチャはジャックランタンといいますね。
「ジャック」は一般的な男性の名前らしいのですが、
切り裂きジャックとかと相まって、
「ホラーの代名詞」みたいな認識です。
違うんですか?

私はハロウィンは、小学校の時から通っていた
英語教室のイベントとして初めて知りました。
英語教室だけあって、
欧米文化を取り入れてるんだと思っていたけれど、
今となっては日本全国共通語ですよね。
先取りだったのか、単にブームに乗っただけだったのか。
日本では90年代以降盛んになったらしいので、
その判断が微妙なところです。

ハロウィンネタを書けるだけ書いてみましたが、
すべて表現が曖昧なのは、日本の現代っ子の悲しい性ですね!
単に自信のない性格なだけですけど、そういうことにしておこう。

はろうぃん

というわけで
Trick or Treat ★
お菓子ならいくらあっても足りないんだから。


あご
スポンサーサイト

1件のコメント

[C25] 今更ながらのコメントです。

あごによるハロウィン解説を改めて読んでみたのだけど、仮装して霊から身を守るって面白いね。
だってハロウィンって日本で言うところのお盆みたいなもんなんでしょ?
うちらの感覚じゃ御先祖の魂が戻るんならお迎えするもんなのに、それを畏怖して敵対して、仮装して騙しちゃえ!って正反対なコトしてるよな(・_・)
やっぱりそこそこの文化の死生感とかが大きく影響してるんだろうなと思いました。
それだけ!
  • 2009-11-12
  • 投稿者 : おばば
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://agobaba.blog87.fc2.com/tb.php/33-e9521e47
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。